ナチュラルカラコンについて

ナチュラルカラコンについて目次

ナチュラルカラコンの好みと分類についての考察

私にとってナチュラルカラコンといえばディファインのようなレンズがそうだと思っていましたが、ハーフ系カラコンのフチが強調されていないレンズもナチュラルカラコンになるんですよね。

 

そのハーフ系カラコンでナチュラルなのといえばフレッシュルック デイリーズが定番で人気です。このように、ナチュラルといっても使いたい人のイメージによってナチュラルハーフ系か、自然なブラウン系なのか分かれます。

 

それに自然なブラウン系であっても人によってはその中でも少しでも盛りたいのでまた違ってきます。それは世代であったり、ファッションの好みであったり、読む雑誌の好きなモデルなどによても変わってきます。

 

そこでちょっと分けてみようと思います。

 

「自然なブラウン系」は、ばれないとまではいかなくともブラウン系又はグレー系で瞳になじむ感じのカラコンですね。

 

「ナチュラルハーフ系」は、ハーフ系ファッションやメイクになじむ感じのフチが薄い感じで発色が強すぎない感じのカラコンですね。

 

「ナチュ盛系」は、ナチュラルでいて直径が大きめの盛れるカラコンですね。

 

「ばれない系」は、まさに自然になじんで「ばれない」に限りなく近いカラコンですね。

のようにナチュラルカラコンといっても大体4系統の好みに分けることができました。なのでナチュラルカラコンといっても人によって自分がつけたイメージが違うので、聞いても紹介されるものがかみ合わないことがよくあるんですね。

 

購入は大体が通販ですので、サイトにこういった分類があると「分かってていいサイトだなぁ。」って思ってしまいます。通販でナチュラルカラコンを購入するならそういうサイトがオススメですね。

ナチュラルカラコンの特徴について

カラコンと言うと、色のついたコンタクトレンズという印象を持っている人が多いかと言えます。カラコンは赤や緑、青など日本人には無い瞳の色をコンタクトレンズで表現するため、オシャレのためやイベントやパーティ用に利用する人がほとんどでしょう。
しかし、近年ではナチュラルカラコンと呼ばれるものも販売されており、日常的にカラコンを使っている人も増えています。このナチュラルカラコンの特徴は、従来のカラコンよりも自然な瞳の色を演出することが出来るというところです。

 

例えば、黒目を大きく見せるタイプのカラコンは今まであればフチなどにくっきりと輪郭線が入っているものが多かったですが、このナチュラルカラコンの場合はその輪郭線がグラデーションになっているため、非常にナチュラルな瞳にすることが出来ます。
つまり、今までのカラコンは装着していることが相手にすぐ分かってしまうというものが多かったのですが、ナチュラルカラコンはその特徴を活かし、カラコンを装着していることが相手に気付かれにくいというメリットがあるのです。

 

ほかにも、色などもブラウン系が多いのが特徴であり、色の濃さなども種類が豊富となっています。ノーメイクだけれどカラコンを装着したい、会社や学校にカラコンを装着して行きたい、日常使いしたい、という人にとってナチュラルカラコンは非常におすすめなアイテムだと言えます。
このナチュラルカラコンは通販などで購入することが可能となっており、度なし、度ありなども選択することが出来ます。ただ、目に入れるものなので取り扱いには十分に注意する必要があります。利用する場合には、説明書などをよく読み、目のケアなどもきちんとすることで安全に使用できます。

ナチュラルカラコンの選び方とは

カラコンは、カラーコンタクトレンズの略です。全く色味のない透明なコンタクトレンズとは異なり、ブラウン系やブラック系の色味が付いているナチュラルカラコンの他に、ブルー系やグリーン系・レッド系など、様々な色味があるのが特徴です。
そして、グラデーションになっていたり、直径も選べるなど、自分がなりたいイメージによって、自由な選び方が出来ます。このようなカラコンを装着するだけで、簡単に見た目の印象を変えることが出来るため、10代・20代の若い女性の間で爆発的な人気があります。

 

様々なカラーがある中でも、ナチュラルカラコンと呼ばれるものは、装着しているのかどうかが、はっきりとは分からないほどの絶妙なカラーリングで、一見裸眼に見える点が特徴です。学校や職場に装着して行っても、カラコンを着けていることが分かりにくいと言う利点があります。
ナチュラルカラコンは、瞳の色と同系のブラウンやブラックの他に、グレー系やヘーゼル系も挙げられます。ブラックは、目をクリクリと大きくさせるので、可愛らしい印象になります。

 

ブラウンは、裸眼の色に近いため、馴染みやすく、初心者でも装着しやすい色です。またヘーゼルは、一見難しそうに見えますが、実は、日本人の目の色に最も良く合あう色だと言われています。カラコンの選び方は、まず、自分の肌と瞳の色を観察するところから始めます。
どちらかと言うと黄味の強い人には、ブラウン系が、青白い人にはグレー系がおすすめです。そして、自分の目のサイズに合った、着色直径を選択します。目の黄金比に従って選ぶと、しっくりと着けることが出来ます。
カラコンには、度ありや度なし、1日使い捨てや1年間使える物などがあるため、自分に合った選び方が大切です。

ナチュラルカラコンに合わせたメイクについて

ナチュラルカラコンに合わせたメイク

カラコンはアイメイクの必需品と思っている人も少なくありません。
また、それがを使わないとスッピンで外に出ているのと同じ様な感じがしてしまって、もうなしでは外出する事すらできないという人もいる程です。
ただ、選ぶ物によってはとても魅力的な見た目には出来ますが、自然な感じと言う風にはならない場合も少なくありません。
今、カラコンの中にはナチュラルカラコンと呼ばれる物もあり、従来の物に比べるとはるかに自然な仕上がりになる物もあります。
ただ、その時のメイクは少し普段と変えると良いでしょう。

 

ナチュラルカラコンを使う時のメイクの基本は、出来るだけナチュラルにするという事です。
そんな事をすると印象がぼやけてしまうのではないかと思う人もいるかもしれませんが、ここでアイメイクをしっかりと施してしまうと何だかアンバランスな印象を与えてしまう可能性も否定できません。
出来るだけ自然に見せる為にも、濃すぎないメイクと言うのが基本です。
すっぴんメイクと言うのを聞いたことがある人もいるでしょうが、イメージとしてはあんな感じだと思っておくと良いでしょう。

 

また、アイラインやマスカラにも気を配ると良いでしょう。
カラコンは確かに目を大きく見せる事が出来ますが、ナチュラルカラコンを利用する場合はそこまで目を大きくする事を狙う必要はありません。
だから、しっかりと目の周りをアイラインで囲むという必要もなく、出来るだけナチュラルに見せるように心がけましょう。
もちろん、つけまつげなどを使う場合も全体的に使うのではなく、目尻だけ使うなど部分的な利用に抑えておくというのが基本です。
そうすれば何だか違和感を感じるという事も無く、ナチュラルカラコンととても合っている雰囲気を感じるメイクにする事が出来ます。


ナチュラルカラコンの1年をバレずに使うポイント

バレずに使うポイント

最近では会社や学校でも付けていることがバレないカラコンが人気となっているようです。黒や濃いめのブラウンなど裸眼のイメージに近い、ナチュラルなカラーがバレないカラコンの定番色となっています。

 

このように付けてることがバレずにナチュラルに目元の魅力をアップすることが出来る、非常に便利なカラコンは日常的に使用することが多いので1年用を購入する方が多いようです。
とはいえ1年安全に使用する為には、正しい取り扱いと自己ケアを怠らないことが大前提となっています。特に1年タイプは使い捨てや2ウィークタイプとは仕様が異なるので、長い期間快適に使用していくためにはより一層の適切なケアが大切だといえます。

 

これらのケアを怠るとレンズの寿命を縮める以外にも、思わぬ目のトラブルを招く要因にもなり兼ねません。ナチュラルな雰囲気作りに、欠かせないバレないカラコンを安心して使うためにはいくかのポイントがあります。
第一にコンタクトは清潔に保つことが肝心です。1日の終わりには専用の洗浄剤を使用して、しっかりとレンズの汚れを落とすようにしましょう。その際にレンズを触る前に手を丁寧に洗っておくことも忘れはいけません。
具体的な洗浄の方法はそれぞれの洗浄液によって違いがあるますので、基本的には説明書に従って丁寧に洗っていきます。また洗浄後は専用の保存ケースに保管して、カラコンを外している間にもケアをするのが基本です。

 

また一般的にはコンタクトの装着時間は約8時間位が適切な時間だと言われています。
それぞれのメーカーによっても異なりますが、カラコンを購入した際は取扱説明書をしっかりと把握して装着時間を守ることが大切です。そして乾燥や外気の汚れから目を守るために、カラコン専用の目薬を常に持ち歩くことも良いことです。
このような適切なケアをマメに行うことで、1年用のカラコンを安心して使い続けることが出来ると言います。